Brilliant Polaris.では、
家庭・子育てのカウンセリング及び訪問型保育者養成講座・人財育成・人事診断をいたします。

まずはご相談ください。

こんにちは。BRILLIANT POLARIS.代表の褒田(ほめた)育代です。
保育士10年、園長5年、ベビーシッター、保育園調理、保育の研修企画と講師、政令指定都市での立入調査(監査業務)や経営者への運営指導、保育アドバイザー、保育園幼稚園での絵画教室(2,3,4,5歳児)、保育施設の経営改善のコンサルティング、保育の人財育成、人事診断による経営改善カウンセリングなど、保育の現場に総合して37年の経験をしてきました。


その後、家族のカウンセリング(子ども自身の自我の悩みからの解放・家庭内暴力や引きこもりからの卒業)、親自身の精神的経済的自立相談、事業立ち上げコンサルティングなどを通して、大人が「親であり夫婦であり私である」幸せな自立をすることを応援していきました。

総じて結果的に子どもが「ありのままに幸せに生きる」ための社会づくりの基礎は、
親子関係にある。と確信してからは、「親も子も愛着形成と自己肯定感を得る子育て支援」を一貫して仕事としてきました。




今、特に社会の状況からも、「家庭訪問型の個別保育」=ベビーシッターの重要性を感じており、家庭訪問保育者(ベビーシッター)の育成に力を注いでいます。家庭の育児に、知識と技術と保育マインドという専門性を持った保育者が間に入ることで、孤独で未熟で不安定な子育てを強いられている現代の特に人生の土台となる人間性が育まれる新生児期、乳児期、幼児期の親子を救うことができます。虐待を未然に防いだり進行を止めたり子どもが生きられなくなるような乳幼児期の関わりや、そこまでいかなくても親子の間のバランスを改善したりできる第3者、それがベビーシッターです。

「育児の代わりをする」これだけで、もしかしたら親の方の心を安心させてあげること、余裕が出て笑顔が出るようになることができるかもしれない。ベビーシッターが他人だとしても、相談できる身近な信頼できる人がいることで「未然に防げること」があるです。
 

「保育(ケア)マインド」に目覚め、自分への愛着(自己肯定感、自己重要感、自己信頼感、自己有用感など)を取り戻し、保育の知識やお世話や遊びの技術を学び、あるいは経験を持った専門家として社会に役立つことができるのは、子育ての「具体的支援」です。

そのことに気づいている保育者や経営者と研究実践しつつ、家庭訪問型保育の分野で、個別保育のエキスパートとして、人財の育成をしています。
それは、「子どもの神性を守る」ことができる保育者を育てると言うことです(親も保育者も含め)保護者の支援になること、親子の在り方の救いになるように活躍してほしいと願っています。


個別保育の特徴は、保育園などの集団保育では難しい「直接、親の生活や生き方に寄り添える立ち位置」「親子の間のすれ違った絆を取り戻す役割」「親子の心と心をつなぐ」ことができると言うことです。昔はあったけれど今はなくなってしまっている「社会的親」の役割が個別保育者にはありますし、それができるし最適な職業だと思います。

そして、家庭訪問保育者は有資格者でなくても良いのです。(本当はベビーシッターこそ、国家資格にしてほしいくらい重要な鍵です。)
子育て中の親でも子育てを卒業した親でも未婚の方でも、子育て経験があることはものすごく有利です。
社会が良くなるためには「親子関係が幸せになること」と気づいていてそこに貢献したい、子どもが大好き、親を支援することが重要だという視点を持っている方なら、専門性を学ぶ講座で勉強をして、保育の技術の実際を実習をして(生活や遊びなど)、基礎的な知識と技術と保育マインドをしっかり育成すれば、経験や資格がなくても家庭訪問保育者としてお仕事ができ、個人事業主として経済的な自立というライフデザインもできます。


多くの主婦の方が一番、自分の経験を生かして仕事ができる最適な職業です。保育マインドや知識や技術を学ぶと、自分の子育てへの承認や無意識に抱いてきた罪悪感などの疑問を晴らすことができ、意外にも講座中に癒され、自己肯定感が上がることが多いです。

それだけ、子育てには学びが多く深く、苦しんだり悩んだりの経験をしたからこそ、今の自分が客観的な視点から学び、理解をした時に落ち着いて子育て時期の自分の振り返りができ、「あれは違ったんだ、あれで良かったんだ」と色々な思いと気づきを得て、その結果、自分を許し、受容し、認め、癒すことができるのです。

これは人生に「妊娠、出産、育児」をわが身で経験してきた人に与えられた「ご褒美」であり、神様(子ども)からもらった「宝物」なのです。

その経験があるからこそ、目の前の親の方の苦悩にも共感でき、傾聴と受容ができ、寄り添え、見守れるという「自分の人生が誰かを幸せにするために役に立つ」ことを実感する能力に目覚め、使えるようになるのです。そのために「経験」が必要だったと言うことなんですね。皆さん、それをしみじみを感じ、愛を得た新たな自分に生まれ変わります。


講座が進むほどに「具体的にシッティングをしている図が想像できるようになってきて自信が湧いてきた」と言われます。そのように講座を作っているし、講座ごとに「カウンセリング」に相当するような質疑応答時間を設けています。(マンツーマン又はグループオンラインリアル講座)
人生で抱えてきた重荷を降ろすような気づきや癒しが起きる人もいます。それだけ、自分が親の立場での子育てと、自分が子どもの立場での親との関係によって抱えてきたこと、と言うのは密接なのです。

この講座では、子ども理解が進みます。又、保護者理解も進みます。なので、両方の気持ちがわかるようになるためです。

一つ一つ、子育てを通して暮らしを重ね、親子での歩みをコツコツ進める人生の経験で、無駄になることや、悪いだけのことなどはありません。

「今、理解が変わり、気づく」と、過去も「光」に変わります。「有難いことだったんだ」に変わり、今まで見てきた視点の転換が起きるのです。闇は光になります。
その光で、出会う親子を照らせる人。それが、家庭訪問型保育者です。
それは、次は誰かの「光」になることをその時、受講生は確信するのですね。

褒田育代のベビーシッター養成講座では、気づき、目覚め、癒し、新しい自分への進化が起きます。

子どもも大人も同じ尊い一人の人間。誰もが自分や相手が、望めばやりたいことを叶えられて、それぞれの「楽しい」や「嬉しい」が誰かの「有難う」や「よかった」となり、喜びを共有し合える、苦しい時は助け合える、そんな風に子どもたちの未来が「共に」幸せを創り合える世界になりますようにと願っています。
日常の暮らしの中で、親子の笑顔が光となって社会を照らす、喜びと喜びの相乗効果が地球と人類を『上機嫌』にしていく、そんな一人一人の人生の質の向上(満足し合える人間関係)のお手伝いができれば嬉しい。
それが褒田育代の願いであり使命です。

日常の暮らしのすべての瞬間に人生の学びや成長(喜び)があります。
今、子育てや家族の在り方、子育てに限らず、人生の悩み、過渡期にいて乗り越えたい方、組織の人事に悩んでいる、過去の出来事に振り回されるなど、現在にお困りごとがある方、是非一度どんなことでもご相談ください。

BRILLIANT POLARIS.カウンセラー褒田育代

LINE公式アカウント登録お願いします!
褒田育代 @484wqbhf
https://lin.ee/SUvPdqc 
QRコードからなら簡単です。↓

褒田育代(ホメタイクヨ)

生年月日

1963年11月13日

出身地

東京都

保有国家資格

保育士 

趣味

音楽・料理・ライブイベント・瞑想・絵描き・猫ライフ・霊気健康法・宇宙